ベジママのピニトールは多嚢胞性卵巣症候群にも効果ありますか?

 

ピニトールがたっぷり配合された妊活サプリとして話題のベジママ。

 

実は、このピニトールという成分が、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)に効果が期待されるらしいのです。

 

そこで、ベジママ配合のピニトールとPCOSがどう関係あるのかを調べることにしました。

 

そもそもピニトールって何なの?

 

ピニトール配合と聞いても、そもそもピニトールって何なの?って人も多いかと思います。

 

ピニトールとは、ベジママの主原料となる機能性野菜アイスプラントに多く含まれる成分です。

 

血糖調整、体調リズムの調整、疾病の予防や回復に関わる、さまざまな機能を持つと言われているんですよね。

 

他にも、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の改善にも効果が確認されています。

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とピニトールの関係とは?

 

 

女性の不妊症の原因の一つとして、多嚢胞性卵巣症候群(以下PCOS)という疾患があります。

 

PCOSは月経異常だけでなく、肌荒れ、肥満などにも結びつくので、美容面でも見過ごすことができません。

 

さらに、糖尿病、高脂血症、子宮内膜がんのリスクを高めるとも言われています。

 

 

ところが最近、糖を代謝するホルモン「インスリン」の不具合と、PCOSが深い関係にあると分かってきました。

 

そして、ピニトールは「インスリン抵抗性を緩和し、血糖調整に効果が期待できる成分」として注目されているのです。

 

ピニトールに血糖調整が期待できるなら、PCOSや糖尿病、肥満などの改善も期待できるのでは?と考えられます。

 

そこで注目されるのが、ピニトール配合の妊活サプリ「ベジママ」というわけです。

 

ベジママのメリット

 

 

ベジママは、医薬品ではなくサプリメントなので、副作用のリスクがないのがメリット。

 

PCOSや糖尿病などに期待されるピニトールも、アイスプラントという機能性野菜が原料となっています。

 

実際、ピニトールは海外ではすでに、ママ活サプリメントとして広く利用されています。

 

また、糖尿病や肥満など、生活習慣病に悩む方々にも積極的に利用される成分です。

 

PCOS治療と比べると効果は穏やかだと思いますが、そのぶん安心して飲めると思いますよ。

 

婦人科でも、インスリンの不具合や血糖値を改善する薬剤はあるようです。

 

排卵できない場合でも、排卵誘発剤を用いたり、レーザーで卵巣に孔を空けて排卵を促すこともできます。

 

しかし、PCOS治療や不妊治療には、副作用のリスクがあることも指摘されてきました。

 

まとめ

 

 

PCOSは、不妊症の原因になるだけではなく、やがて糖尿病や肥満に発展するケースもあります。

 

しかしながら、現在の治療法は、どれも完全に満足できるものはありません。

 

未婚の若い女性でも、もっと安心して受診できるような治療法が求められるかと思います。

 

ベジママのピニトールは、そんなPCOSに悩む女性にとって、新たな選択肢となるかもしれません。

 

ベジママの口コミでも、PCOSや不妊治療と併用している方も沢山いるので、試してみる価値はあると思いますよ。

 

 

⇒ピニトール配合の新妊活サプリ!ベジママ公式サイトはこちら